海外商標調査(先行類似商標調査=シミラリティサーチ)

海外における先行類似商標の有無を調査し、現地代理人のコメント付きでレポートします。
海外の商標調査においてもっとも多く利用されるのが、この調査方法になります。米国における商標調査では、慣習法と判例法の集積からなるデータベースをもとに、未登録商標の類似調査(コモンロー調査)も行います。
商標調査の結果に基づき、貴社商標出願の障害となりうる先行商標が確認された場合、現地におけるその権利者への譲渡交渉、ライセンス交渉、同意書の取り交わし等の各種アクションも支援いたします。


海外商標調査 (先行同一商標調査=アイデンティカルサーチ)

海外における先行同一商標の有無を調査します。本格的に先行類似商標調査をする前に候補をスクリーニングするのに最適です。
商標調査の結果に基づき、貴社商標出願の障害となりうる先行商標が確認された場合、現地におけるその権利者への譲渡交渉、ライセンス交渉、同意書の取り交わし等の各種交渉・手続きも支援します。

オーナーシップ調査

商標権の権利者名から、その権利者が保有する商標を調査します。第三者の権利保有状況を調査するだけでなく、自社の当該国における保有商標の調査にも有効です。

ステータス調査

当該商標について、その商標の権利状態(登録・更新有無・係属中など)の現状を調査します。

ネガティブチェック

ネガティブチェックは、商標出願(使用)対象国における調査対象名の適応性を初期段階でチェックするものです。各国の専門家や有識者によって、その名称から伝わるイメージ特性や、誤解の有無、公序良俗に反していないかなどのチェックを行います。

会社調査・個人調査

先行登録商標の権利者や異議申立人など、指定された企業情報または個人情報についての調査を行います。

すべての人にインターネット
関連サービス