海外出願支援サービス

商標法あるいは商標制度のある海外諸国において、商標登録出願から商標更新管理・手続に至るまで、権利化から権利維持のための手続きを海外の現地弁理士・弁護士パートナーとともに実施いたします。

海外への商標登録出願を行う場合には、出願をしようとする対象国の商標法に精通している必要があります。
日本での商標権をベースに海外へ出願する場合、商標をそのまま、あるいは、指定商品をそのまま英訳しただけでは間違いなく拒絶されるケースがほとんどです。

当該国の商標法・制度に照らし、また現地における先行商標との同一・類似調査やブランディングを左右する重要なネガティブチェックなどを実施した上での出願が必要となります。
海外ビジネス展開には欠かすことのできない商標の権利化。弊社では、お客様のビジネス、そしてブランドを守るための”商標の権利化”について、専門的かつスピーディに、そして、より経済的にサポートさせていただきます。

中国語国旗 中国商標制度ノウハウ集


更新管理サービス

商標権は、他の「産業財産権」(特許権・実用新案権・意匠権。以前は「工業所有権」と呼ばれていました。)の中で唯一、申請により更新が可能な権利です。

海外の多くの国における権利更新は、ほぼ10年に1回ですが、国によっては初回の登録後の更新期限までは7年、1回更新すると次回からは14年といったような変則的な国もあり、更新期限までの年数は各国の商標法により異なっています。

このように、海外における商標権の権利維持・管理については、各国の制度情報に精通している必要があり、 商標権の確実な権利維持・更新手続・情報管理は、企業の事業活動において非常に重要なテーマです。

弊社では、海外各国の商標制度情報の蓄積とシステマティックなオペレーションにより、お客様の大切な商標権の権利情報と期限管理を行い、確実に権利更新がなされるための手続を実施いたします。


すべての人にインターネット
関連サービス