グローバル・ドメインネームサービス (gTLD, ccTLD登録・更新)

“知的財産としてのドメインネームマネジメント”はできていますか?

「コーポレート・ドメインネーム・マネジメント」という考え方。


今日、『ドメインネーム』は、インターネット上のアドレスを表現するための識別子にとどまらず「商標」と同様の、「出所表示」「品質保証」「広告宣伝」の機能を有するサイバーマーケット上の重要な役割を果たしています。ドメインネームが、会社名になる、サービス名になる、商標になるなど、利用形態が多様化する中で、知的財産的価値が増大し、その価値を求めてのサイバースクワッティング(ドメインネームの不法占拠)は未だ後を絶たない状況です。

WIPO(世界知的所有権機関)による紛争解決制度の導入、不正競争防止法の改正など「ドメインネームは知的財産である」と明確に定義された現在、他の知的財産権同様、「他者に無断で使用させない」考え方をベースとし、また一方では「他者の権利を侵害しない」ということも徹底させた、権利化・維持管理・活用・監視といった経営リソースとしての適切なマネジメント「コーポレート・ドメインネーム・マネジメント」を推進する必要があります。

詳しくはこちらへ >> BRANTECT(コーポレート・ドメイン・マネジメントサービス)
すべての人にインターネット
関連サービス