ドメインサービスの概要

Webエントランスの役割として重要なマーケティングツールであるドメインネーム。1985年、世界で最初のドメインネームが登録されてから30年経った今、およそ2億5千万件のドメインネームが登録されています。
2014年には、インターネットユーザーが29億人に到達しました。インターネットの出現は、それまでに存在していた他の情報メディアの枠を遙かに凌ぎ、企業およびプロダクトマーケティングの考え方を一変しました。 Webサイトから顧客に対しておこなわれる継続的な情報発信は、顧客との接点を増やし、顧客との関係をより強固なものとし、企業のブランド価値を高めることに繋がります。

今日、『ドメインネーム』は、インターネット上のアドレス空間を表現するための識別子にとどまらず、「商標」と同様の「出所表示」・「品質保証」・「広告宣伝」それぞれ同等の機能を有するサイバーマーケット上の重要な役割を果たしています。

「ドメインネームは、マーケティングツールであるとともに、重要な知的財産である」との考えに基づき、他の知的財産権同様、「他者に使用させない」かつ「他者の権利を侵害しない」という考え方を基本とし、「ドメインネーム」のマネジメントを行うことは、企業ブランド価値向上のために必要不可欠な取り組みといえます。
ドメインネームは商標以上に各国・地域毎に制度が異なるため、その保護アプローチには様々なバリエーションがあることを理解し、取り組む必要があります。 当社では、『調査・監査』・『登録・維持』・『管理・監視』の一連のフェーズにおいて、貴社のドメインネームにおける最適なマネジメントモデルをご提案させていただきます。

権利者の権利と責任および権利者の教育情報


新gTLDに関して

当社では新gTLDチームを発足しており、2007年以降プロジェクトの包括的なリサーチに取り組んでいます。申請をご検討されている方はお気軽にお問合せ下さい。プロのコンサルティング、申請のサポート、パートナーとの提携をもとにレジストリ機能も提供しております。また、申請後も、レジストリとしての運用ポリシー策定など管理業務もお受けしております。知的財産保護のプロである我々は、質の高い真摯なサービスを皆様に提供することをお約束いたします。

詳しくはこちら
すべての人にインターネット
関連サービス