Webサイト、WHOIS(ドメイン登録情報)、ネームサーバ情報を監視し、変更の履歴を残すのみではなく、変化のあった場合のみ当該情報を受け取ることが可能なサービス。

Background

侵害サイト、第三者保有ドメインを『Webサイト』・『WHOIS』・『ネームサーバ』・『履歴』 の4点から監視

インターネットは、ビジネスには欠かすことのできない巨大かつ重要な情報メディアです。第三者のWebサイトを監視し、自社のビジネスの阻害要因をいち早く察知、排除に結びつけるための効率的かつ効果的なリスクマネジメントが重要といえます。

本来であれば、自社の権利として確保しておきたかったドメインネームが、第三者によって登録されてしまっていたり、できることなら取り戻したいが、費用もかかるし、仲裁申し立ての根拠も見いだせない状況の中、そのドメインネームを使用したWebサイトでどのようなコンテンツ(情報)が発信されているかご存じですか?

定期的な監視はできていますか?

Overview

侵害サイト、第三者保有ドメインを『Webサイト』『WHOIS』『ネームサーバ』『履歴』の4点から監視

  • 侵害サイトへの侵害初期での対処
  • WHOIS公開されていないドメインの運用状況の監視
  • 第三者取得ドメインでの運営サイトのリスクマネジメント
  • 自社・現地法人・グループ会社ロゴの使用態様マネジメント
  • URLで指定されたWebサイトを定期的に監視
  • ページ内容の変更を察知し、当該ページの画面キャプチャおよび
  • WHOIS情報、ネームサーバ情報を画像ファイルとしてBRANTECTに保存
  • E-Mailにて報告します

WEBサイトモニタリング


すべての人にインターネット
関連サービス